利用者様からのご指名も増え、少しずつ成長を実感しています。

林 由衣

  • 入社2年目
  • 愛知淑徳大学 福祉貢献学部卒
  • 保有資格:福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター
  • 新 人
  • 若手社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 経営層
01

ファーストケアに入社を決めた理由

亡くなった祖母は晩年、身体が不自由になりましたが、介護ベッドや入浴補助用具を使うことで、最期まで大好きな祖父と一緒に自宅で暮らすことができました。その姿を間近で見て、福祉用具活用の意義を実感。祖母が味わった安心や幸福感をひとりでも多くの方にお届けしたいと思ったことが、福祉用具専門相談員を志したきっかけです。ファーストケアを選んだのは「人材を大切に育てる」という会社の考え方に惹かれたから。振り返ると、就職活動中に訪問した多くの企業で同じことを言われたのですが、ファーストケアで感じた『ホンキ度』は別格でしたね。選考過程で先輩と接する機会が何度もあり、仕事の流れや職場の雰囲気を体感できたこともプラス材料になりました。

02

私は今、こんな仕事をしています

「介護が必要になっても、できるだけ長く住み慣れた場所で暮らしたい」。そう願う利用者様を居宅介護支援事業所のケアマネジャー様からご紹介いただき、お一人おひとりに合った福祉用具や住宅改修等の提案・提供を行っています。この仕事のやりがいは、ひとつとして同じ提案はなく、自分の努力とアイデア次第で利用者様の満足や笑顔、そして売上を増やせること。入社当初は重い福祉用具の搬入・搬出がスムーズにできず体力的なハンディを感じたり、ケアマネジャー様からお叱りを受けて落ち込んだりしたこともありました。でも、そんな時はいつも先輩方が「ミスや失敗は成長するチャンスなんだよ」「今度はこんな風にしたらいいんじゃないかな」などとアドバイスをくださり、気持ちを立て直すことができました。入社2年目の現在は利用者様からご指名をいただくことも増え、少しずつ成長を実感しています。これからもっと多くの利用者様のお役に立てるよう、知識と経験を身につけていきたいと思います!

エントリーを考えている方へ

入社前に感じたファーストケアの「人材を大切に育てる会社」というイメージにギャップはありません。先輩からのサポートや研修制度が充実していますし、チャレンジする人に平等にチャンスを与えてくれます。「仕事を通じて自己成長したい」と考える方にはぴったりの会社と言えるでしょう。福祉の知識がなくても大丈夫。ほとんどの社員が内定後に会社の支援を受けて福祉用具専門相談員の資格を取得しています。まずは一歩を踏み出してみてください。色とりどりの個性を持った新しい仲間との出会いに期待しています!

04

ファーストケアのココが自慢

  • 05

    スタッフ同士の仲がいい!

    スタッフ同士の仲が良く、休憩時間には恋愛トークで盛り上がることも。プライベートを打ち明けられるくらい、お互いに信頼し合っているからこそ、仕事で最高のチームワークを発揮できるのだと思います。

  • 06

    女性も働きやすい!

    結婚・出産などライフステージに変化があっても、安心して働き続けられる制度や環境があります。私自身もいつか家庭を持った時、後輩のロールモデルとなって、会社に働き方の提案をしていきたいです。

  • 小野木 浩祐prev
  • 一覧へ
  • next福岡 健