後輩たちをもっと力強く支えられる人間に成長したい。

福岡 健

  • 入社3年目
  • 愛媛大学 法文学部卒
  • 保有資格:福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター
  • 新 人
  • 若手社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 経営層
01

ファーストケアに入社を決めた理由

大学の4年間を愛媛県で過ごしましたが、長男ということもあり、卒業後は地元の安定した企業で働きたいと考えていました。そんな視点で就職活動をする中、出会ったのがファーストケア。「介護業界は高齢化にともない、今後も成長が見込める数少ない分野。会社と一緒に自らも大きく成長していける」という人事担当者の言葉に心を動かされたことを覚えています。そして企業訪問をした際に、忙しそうだけれど笑顔が絶えない社員の皆さんの姿を見て「こんな人に私もなりたい!」と思い、入社を決めました。

02

私は今、こんな仕事をしています

入社後1年半ほど、事務職として電話対応、契約書作成、福祉用具の手配、納期調整、介護保険の請求など、営業担当の後方支援業務を担当。その後、多治見営業所の営業職に配置転換となり、現在はファーストケアをより多くの方にご利用いただくために奮闘する毎日です。正直に言うと、初期配属の事務職は想定外で戸惑ったのですが、「人・物・お金の流れ」をしっかりと学べたことは大きな糧になりました。

利用者様やケアマネジャー様のお役に立ちながら業績を追求していくためには、商品知識はもちろん、臨機応変な対応力が欠かせません。利用者様へのご提案は常にパーソナルなものですし、時には「退院が決まったから明日までに介護ベッドを入れてほしい」など、イレギュラーなご相談も珍しくないからです。でも、そんなピンチともいえる場面の時こそ、信頼関係を深めるチャンスなんですね。「どうしたらご要望にお応えできるか」を考え、行動するプロセスに福祉用具専門相談員としてのやりがいを感じています。

新しいメンバーが増える中で、会社から任される役割や責任が少しずつ大きくなってきました。後輩たちをもっと力強く支えられる人間に成長することが今の目標です。

エントリーを考えている方へ

ファーストケアをひと言で表すとすれば、「自由な会社」です。社員をひとつの型にはめるのではなく、一人ひとりの個性や持ち味で勝負していこう。そんな考え方が浸透していて、社内はいつも活気に満ちあふれています。もしかすると、はじめは当社の社員の行動力や仕事のスピード感に少し戸惑うことがあるかもしれません。でもそれは、誰もが自分らしく、主体的に活躍できることの証。きっとこれまでに経験したことのない充実感を得ることができると思います。私たちと一緒にファーストケアの未来をつくり、介護業界を盛り上げていきませんか? みなさんのエントリーをお待ちしています!

04

ファーストケアのココが自慢

  • 05

    風通しがいい!

    社内の風通しがよく、若手の意見も積極的に採用してくれる企業文化があります。つい先日も、私の発案から岐阜営業所内のショールームをリニューアルし、介護ベッドの展示を始めました。

  • 06

    マラソンサークル!

    社内にランニング好きの有志が集まるマラソンサークルがあり、私も参加しています。休日に練習や大会で汗を流した後は、みんなで食事へ。拠点の枠を超えた交流の時間がとても楽しいです。

  • 林 由衣prev
  • 一覧へ
  • next山口 将史